シゴクジョウホウモリダクサン
Subscribe to my RSS feed
デリヘル嬢が他の女の子を紹介するシステム

シゴク情報みて風俗で遊ぼう


銀座のホステスも六本木のキャバクラ嬢も、ナンバーワンとなる女の子は、お客さんに好かれるだけではなく、同性にも親しまれる子が多いと聞きます。
このような女の子たちは、ヘルプ(指名はしていないのですが、隣に座るキャストのことです。指名キャストとお客が盛り上がるのをヘルプするのが役割なのです)に好かれて、ヘルプに支えられてはじめて、指名がとれることを自覚していますから、ヘルプに対しても感謝の気持ちや気遣いを忘れていないのです。
一見、デリヘル嬢は、100%個人競技の選手のように見えるのですが、お店が上手く舵取りをしていってチームプレイの良い要素を導入すれば、デリヘル店全体としての売上向上につながることはまず間違いはありません。
お客さんが初めて利用するお店に電話をかけるのは、かなりの緊張を伴います。
従来の風俗店はそんな新規客に対して、とにかく、来店させるがために、「可愛い子がいっぱいいますよ」的トークで、仮にいい子がいなくても、そして仮に二度とそのお客さんが足を運ばなくなったとしても、目の前のお客さんを現金に変えるのが第一だったのです。
一方でデリヘル店は、個人プレイばかりと思われがちです。
多くの場合、「よかったらまた私を指名して下さい」となるのですが、「ウチのお店、ホントに可愛い子ばかりなんですよ。わたしなんて、全然ダメですよ~。最近入った○○ちゃんなんて超可愛いですよ~」というのです。
ここで、お客さんが感じるのは、「おっ、これはいい情報もらったなあ。次はそのお勧めの女の子を指名してみよう」
「この子、とても謙虚だな。自分のことはさておいて他の女の子のことを褒めるなんて」
「へ~、このデリヘル、女の子同士仲がいいんだな。働きやすくて雰囲気が良さそうな店だなあ」
と、確実にその女の子、お勧めされた女の子、そしてお店に対してもプラスの印象を与えるのです。
デリヘル嬢は、他の女の子を褒めることによって、仮に自分ではなく、他の子に指名が流れても、お店に返ってきたことで指名ポイントがつくので全く問題はないのです。
このシステムを導入したことによって、デリへル店全体の指名率がアップするとともに、女の子同士が仲良くなるというシナジー効果さえもたらしたそうです。
ほとんどのデリヘル店では、女の子のモチベーションを高めて売上を増やすために、指名本数や指名率をカウントします(中には、キャバクラのようにそれを誰もが見られるように待機室にデカデカと貼り付けるお店もあるのです)。
ただし、個人ごとの指名本数が“絶対”主義になると、そこにはチームワークという発想はなくなり、個人競技となります。
デリヘルは個人プレイと思われがちですが実はそうではありません。
そこで、そのお店がとった革新的なシステムは、一度ついたお客さんが「お店に」リピートしたら、指名ポイントとみなすということです。
つまり、たいていのお店でのシステムは、同じお客さんが自分にリピートしてはじめて指名ポイントがつくのですが、仮に自分ではなく他の女性についたとしても、「お店にお客を返している」ことにかわりはありませんから、ポイントとして加算するということです。
そのお店に在籍するデリヘル嬢は、プレイ終了後の帰り際のトークが他のお店とは一線を画します。
なんと他のデリヘル嬢を紹介するんです。
ここはやはりチームワークですね。

品川のデリヘル情報をみてみよう



デリヘルシティ・品川
http://dl-city.net/shoplist/area_tokyo_79.html
品川のデリヘル情報をみてみよう。

このようになっている。
これはかなりシゴけそうだ。やったやったー。




風俗店の新着情報

☆おまかせコース☆

質に自信があるからできる女の子お任せコース

60min 14000yen ⇒ 60min 12000yen
80min 20000yen ⇒ 90min 17000yen
100min 24000yen ⇒ 110min 21000yen

《お電話の際に【お任せで】と必ずお伝えください》

上にもどる